Japan Footbag Championships 2020 online
Japan Footbag Championships 2020 online

Japan Footbag Championshipsとは

フットバッグ日本一を決める!!

究極の足技を競うフットバッグ。その日本一を決める全国大会

「Japan Footbag Championships(ジャパン・フットバッグ・チャンピオンシップ:JFC)」。

2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、9月19日(土)に深川スポーツセンター(東京都江東区)で予定していた現地開催を取り止め、

オンラインイベント『JFC2020オンライン』への振替開催が決定いたしました。


『JFC2020オンライン』では、日本全国のプレーヤーを対象に動画・写真投稿による公式競技3種目と非公式競技3種目を実施いたします。


公式競技は、

30秒間でどれだけ高度かつ色々な技を繰り出せるかを競う「Shred30」、

大技を3つ繋げて繰り出し、その難易度とオリジナリティを競う「Big3」、

左右で対になる連続技を繰り返す“ドリル”の難易度やオリジナリティを競う「Drillコンテスト」の3種目。

非公式競技は、

超大技を1発だけ繰り出し、その難易度、美しさ、オリジナリティなどを競う「Big1」、

初メイク(初めて出来た技)を競う「初メイクGP」、

ハンドメイドのフットバッグの出来、美しさ、オリジナリティなどを競う「フットバッグ制作コンテスト」の

3種目を開催いたします。


フットバッグ未経験の方もぜひ、お気軽にご参加ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。



大会概要

主催

日本フットバッグ協会

協賛

ジャグリングショップ ナランハ


お問い合わせ

JFCに関する全てのお問い合わせは日本フットバッグ協会までお願いします。

競技に参加される方は下記のルールをご覧ください。



競技スケジュール

9月6日(日)投稿受付開始
10月31日(土)投稿受付締切
11月3日(火・祝)結果発表


全競技共通ルール

1)競技参加条件

・2020年11月時点で日本国内在住であること(国籍は問いません)。

・競技参加費は無料です。

・競技参加者は下記の制約事項に同意したとみなします。


【誓約事項】

・競技会においては公序良俗を守り、全力を尽くして演技をすることを誓約いたします。

・また、審査員の下す審査結果については無条件に受け入れ、フェアな態度で臨みます。

・日本フットバッグ協会又は協力企業が製作・販売するビデオ映像等に演技を無償で収録する事に同意いたします。

2)競技参加方法

下記のAとBの2通りの参加方法があります。

投稿方法による競技上の有利・不利はありません。


A)SNS(Twitter、Instagram、YouTube)へのタグ付き投稿

Twitter、Instagram、YouTubeのいずれかで、競技動画(画像)に下記のタグを付けて投稿する。

・タグは全種目共通で( #JFC2020 #フットバッグ )←間違い防止のため、コピーしてお使いください。

・期間中に行われた上記のタグ付き投稿を審査対象とします。

・動画(画像)は一般公開設定で投稿してください。

・審査期間(11月1日〜3日)に動画(画像)が削除されている場合、審査対象から外れる場合があります。

※Instagramの「ストーリー」機能など、短時間で消える設定は避けてください。


B)日本フットバッグ協会宛に動画(画像)ファイルを送信

競技動画(画像)をファイル転送サービス等を用い、フットバッグ協会宛に送信する。

・ファイルのダウンロード用URLを、下記の登録フォームからご連絡ください。

※2〜3日経過しても受領確認の折り返しメールが届かない場合は、再度ご連絡ください。

・送信された競技動画(画像)は、日本フットバッグ協会のSNSアカウントを通じて公開する場合があります。

※SNSアカウントをお持ちでない方は、以下のフォームから事前に出場の申し込みを行い、

アップロードした動画・画像のURLをお知らせください。


< 受付締め切り 2020年 10月31日(土) >

2〜3日経過しても折り返しのメールが届かない場合は、

申し訳ありませんが再度確認メールをお送りくださいますようお願いします。

日本フットバッグ協会宛に動画(画像)ファイルを送信する


3)投稿受付期間

2020年9月6日(日)〜10月31日(土)

4)競技に関する共通ルール

・競技ルールはIFPA(International Footbag Player's Association)の公式ルールに準拠します。

・使用可能なフットバッグの規定は以下の通りです。

 ◆ 球形、もしくはそれに近い形状である事。

 ◆ 大きさが、直径2.54cm〜6.35cmである事。

 ◆ 重さが20g〜70gである事。

5)動画(画像)に関するルール

・投稿動画(画像)は今大会用に新たに撮影したものに限定します。

 過去動画の流用でないことを示すため、必ず動画(画像)内に手書きか印刷による文字もしくは口頭で「JFC2020」と入れてください。

 動画編集による字幕や音声の追加は認めません。

・バッグや脚の動きがはっきりと映るよう、ピントや明るさ、フレームレート等に注意して撮影してください。

・カメラアングルは原則的に水平で撮影してください。俯瞰や極端に低い位置からの映像は認めません。

・「フットバッグ制作コンテスト」用の動画を除き、スローモーションや早送り等の動画加工は禁止とします。

・投稿動画は前後をカットして評価対象となる部分のみを投稿してください。

 例:「10分間の撮りっ放し映像の中にBIG3が映っている」といった動画は審査対象外となる場合があります。

・映り込んだ人の肖像権、音楽著作権(動画中に音楽が流れる場合)等の取り扱いに注意した上でご投稿ください。

6)重複投稿に関するルール

・競技参加者は期間中、同一競技に何度でも動画(画像)を投稿することができます。

 ただし、競技ごとに最も評価の高い1点のみが審査対象となります。

 例:A選手は期間中、毎週末、大会のハッシュタグを付けてBIG3動画を投稿しました。

 →投稿された中で最も評価の高いBIG3コンボ1つが審査対象となり、A選手の順位決定に用いられます。

・審査対象の選定は、Shred30は最も得点の高いもの、それ以外の競技は審査員の判断となります。

・なお、同一選手があまりに多くの投稿を行った場合は、選手側に評価対象を絞ってもらう場合があります。



公式競技

公式競技3種目は、フットバッグの競技力を競う日本フットバッグ協会主催のオフィシャルイベントです。

各競技上位3名には、日本フットバッグ協会より賞金、協賛企業のジャグリングショップ ナランハ様より 賞品が授与されます。

日ごろの練習の成果を発揮し、日本一の座を目指してください!



公式競技 Shred30(シュレッド・サーティ)※動画のみ


  【参考動画】

  


30秒間でどれだけ高度かつ多種類の技を繰り出せるか、を競う競技です。

審査は、30秒間に繰り出された技を下記の計算式に当てはめ、算出された得点で競います。

世界大会でも公式競技とされている、フットバッグの総合力が問われる種目です。

 

[合計ADD]+[平均ADD×ユニーク数]=[得点]

・合計ADD:30秒間に行った技のADD数の合計

・平均ADD:合計ADD÷コンタクト数(行った技の回数。ドロップもカウントする。)

・ユニーク数:技の種類(足の左右が異なれば、別の種類としてカウントする。)

 

細則

・合計ADDは、時間内に決めた全ての技のADDがカウントされます(1〜2ADDの技を含む)。

・ユニーク数は、3ADD以上の技のみをカウントします。1〜2ADDの技はユニーク数にカウントされません。

・動画中に行った最初の3ADD以上の技(足からのセットが映っているもの)から時計がスタートします。

・30秒経過時点で動作に入っていた技までがカウントされます。バスケットボールでいう「ブザービーター」です。

・Barfly、Paradon、DOD、DDD等の様に、それぞれの違いが技の開始位置(セットの位置)のみの場合、全て同一の技としてカウントします。

 ただし、これはSetには適用されません。Fairy SS ButteflyとTapdown(Tapping Butterfly)は別の技としてカウントします。

 同様にTapdownとParadonも別の技としてカウントします。

・ADDにX-Dexは含まれません。

賞金・賞品

1位:賞金1万円 + イクサバッグ32(ナランハ様ご提供)

2位:賞金5千円 + イクサバッグ8(ナランハ様ご提供)

3位:賞金3千円 + ニンジャバッグ(ナランハ様ご提供)



公式競技◆Big3(ビッグ・スリー)※動画のみ


  【参考動画】

  


細則

・原則として「バッグが足から離れ(セット)、再び足で受け取る(ストール)まで」を1つの技としてカウントします。

・大会審査員がコンボ(連続技)の難易度とオリジナリティを評価し、順位を決定します。

・技の終了時にバッグがコントロールできていない場合は、失敗となります(審査員の判断による)。

 例:足には当たったが、手で取れない範囲にバッグが飛んでいってしまった場合など。

・原則的に、3個目の技の後は手でバッグをキャッチして終了してください。

賞金・賞品

1位:賞金1万円 + イクサバッグ32(ナランハ様ご提供)

2位:賞金5千円 + イクサバッグ8(ナランハ様ご提供)

3位:賞金3千円 + ニンジャバッグ(ナランハ様ご提供)



公式競技:Drillコンテスト(ドリル・コンテスト)※動画のみ


「ドリル」と呼ばれる、左右で対になる連続技の難易度とオリジナリティを競う今大会オリジナル競技です。

ドリルとはMirage>Legoverのように左右の足が入れ替わり、ループの形を取るコンボ(連続技)を指します。

下記の規定に基づくドリルの中から、ドリル全体の難易度とオリジナリティを審査員が評価し、順位を決定します。

・審査対象:4コンタクト〜8コンタクトで1周回するドリル(下記のいずれかの形式)

  4コンタクト:A>B>A'>B'(例:Mirage>Legover)


  6コンタクト:A>B>C>A'>B'>C'(例:Clipper>Butterfly>Legover)


  8コンタクト:A>B>C>D>A'>B'>C'>D'(例:Butterfly>Ducking Clipper>Osis>PDX Mirage)


・ドリルの開始は足からのセットで始め、同じ足に戻るまでの1周回分を撮影してください。

 ※1個目の技のセット位置=最後の技のストール位置となるようにする(2週回目に入っても構いません)。

細則

・Mirag>ATWのように左右が入れ替わらずにループするものはドリルでは無いため、審査対象外です。


A>B>C>C'>B'>A'のような折り返し形式は審査対象外です。

 例:[R Legover]>[R Clipper]>[L Butterfly]>[R Butterfly]>[L Clipper]>[L Legover]は×


A>A’>B>B’>C>C’のような形式も審査対象外となります。

 例:[R Clipper]> [L Clipper]>[R Butterfly]>[L Butterfly]>[L Legover]>[R Legover]は×


賞金・賞品

1位:賞金1万円 + イクサバッグ32(ナランハ様ご提供)

2位:賞金5千円 + イクサバッグ8(ナランハ様ご提供)

3位:賞金3千円 + ニンジャバッグ(ナランハ様ご提供)



非公式競技

非公式競技3種目は、大会運営チーム主催のカジュアルイベントです。

各競技上位3名には、大会運営チームが用意した賞品が授与されます。ぜひ、お気軽にご参加ください!

初心者の方やフットバッグ未経験の方の投稿も、お待ちしております!

非公式競技 Big1(ビッグ・ワン)※動画のみ


  【参考動画】

  


1つの大技を繰り出し、その難易度とオリジナリティを競う競技です。

技の単位は原則的にフットバッグ競技の基準としますが(Big3の項目参照)、

従来の発想を超えるオリジナル技も、ぜひご投稿ください!

細則

・大会審査員が技の難易度とオリジナリティを評価し、順位を決定します。

・技の終了時にバッグがコントロールできていない場合は、失敗となります(審査員の判断による)。

 例:足には当たったが、手で取れない範囲にバッグが飛んでいってしまった場合など。

・原則的に技の後は手でバッグをキャッチして終了してください。

賞品

1位〜3位:協会作製オリジナル・フットバッグ



非公式競技◆Ы薀瓮ぅGP ※動画のみ


  【参考動画】

  


初メイク(初めてできた技)の喜びや感動を競います。

この競技の審査基準は上手い下手ではなく、「感動的」「面白い」「熱い」などになります。

ベテラン・初心者、大技・小技は一切関係なし。初めてできた技を動画に撮影し、初メイクの喜びを爆発させてください!

細則

・初メイクかどうかは自己申告制です。

・「初メイクGP」へのエントリー動画は自動的に「Big1」にもエントリーされます。

・本競技のみ、大会共通のハッシュタグ( #JFC2020 #フットバッグ )に加え、ハッシュタグ( #初メイク )を追加してください。

※ハッシュタグの追加が無い場合は「Big1」のみのエントリーと判断します。

賞品

1位〜3位:ご当地レトルトカレー詰め合わせ



非公式競技:フットバッグ制作コンテスト ※画像または動画


  【参考画像】

  

  


ハンドメイドのフットバッグ制作コンテストです。

公式球の基準に基づき、オリジナルのフットバッグを制作し画像や動画を投稿してください。

本競技は画像での参加が可能です。また、バッグ制作の様子などを撮影したビデオ映像での参加も可能です

(本競技のみ早送り等の編集も可)。

・自分の手で制作したバッグであれば、過去に制作したものでもOKです。

・既製品は対象外です。

・アニメキャラクター等の著作権が含まれるものは対象外です。

賞品

1位〜3位:フットバッグ材料キット(高級人工スエード、鉄粒などの詰め合わせ)



過去のJFC

2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003

― Sponsor ―

copyright (C) Nippon Footbag Association All Rights Reserved.